N3 ごみの分別 (ぶんべつ)

 2020年の日本のごみの量は約4,200万トンだったそうです。1人あたり1日約1kgです。みなさんの1日のごみの量はどうですか。これより多いでしょうか、少ないでしょうか。近年(きんねん)、世界中で、ごみは大きな問題になっています。地球の環境(かんきょう)がどんどん悪くなっているからです。 

 

日本では、集められたごみは、ごみ処理場(しょりじょう)で燃やすことが多いです。ただ燃やすのではありません。特別な技術が使われています。燃やすときの温度はとても高く、一酸化炭素(いっさんかたんそ)や悪いガスはほとんど出ません。この技術があるから、ごみを燃やしても、空気が悪くなりません。 

 

しかし、燃やしたらごみが消えてなくなるわけではありません。ごみが燃えると、灰(はい)になります。この灰は、山や海にある最終処分場(さいしゅうしょぶんじょう)というところに運ばれて、埋立地(うめたてち)の一部になります。北海道(ほっかいどう)のモエレ沼(ぬま)公園は、ごみを埋め立てた後に作られた公園です。東京湾(とうきょうわん)にもごみが埋め立てられてできた土地がいくつかありますし、大阪湾(おおさかわん)にも夢洲(ゆめしま)という埋立地があります。夢洲の一部がごみの最終処分場になっています。海は広いですが、埋め立てられる場所には限りがあります。このまま、ごみをどんどん出し続けると、いつか埋め立てる場所がなくなってしまいます。 
 
 

では、私たちひとりひとりは何ができるでしょうか。 

たとえば、ごみを分別することによって、リサイクル(recycle)やリユース(reuse)できるものがあります。分別とは、ごみの種類(しゅるい)によって分けることです。ジュースの缶(かん)やペットボトルはリサイクルすることができます。コンビニのおべんとうの容器(ようき)やおかしの袋(ふくろ)などのプラスチックもリサイクルすることができます。そして、いらなくなった服はリユースできます。これらのものを分別することによって、ごみがすこし減りますね。

大阪市(おおさかし)のルール

東京都千代田区(とうきょうとちよだく)のルール

分別のルールは町によって違います。大阪市(おおさかし)の分別ルールを見てみましょう。 

大阪市では、普通(ふつう)ごみ、容器包装(ようきほうそう)プラスチック、古紙(こし)・衣類(いるい)、資源(しげん)ごみの5つに分別します。曜日によって、出すごみが決まっています。たとえば、月曜日と木曜日は普通ごみ、火曜日は容器包装プラスチックと古紙・衣類、金曜日は資源ごみというように、それぞれの地域のルールがあります。ルールを確認(かくにん)するための、「さんあ〜る」というスマホ用のアプリもありますよ。 

では、ごみを分別するときに、ごみのどこを見たらいいでしょうか。日本では、下の写真のように、商品のラベルには分別のためのマークが付いています「プラ」は、プラスチックのことです。そして、「PET」はペットボトル、「アルミ」で、アルミ缶のことです。このほかに紙のマークもあります。これを見たらすぐに、どのごみをどの曜日に出したらいいかがわかりますね。 

プラスチックごみはリサイクル工場に運ばれて、駐車場(ちゅうしゃじょう)の車止めや、工場の燃料(ねんりょう)に生まれ変わります。空き缶や、ビンも同じように、工場で建築(けんちく)の材料や新しいビンになります。古紙はトイレットペーパーやコピー用紙になります。

また、2020年から日本では、プラスチックの袋が有料となりました。スーパーやコンビニで、袋がどうしても必要なときは、買わなければなりません。エコバッグを使い、プラスチックのごみを減らすための取り組みです。

 

ごみを分別したり、エコバッグを使ったり、ひとりひとりの小さな協力(きょうりょく)によって、未来の地球は変わります。

今からできることを、積極的(せっきょくてき)にやってみましょう。

文:新谷知佳   写真:新谷知佳他(2021.4.2)