N4北海道(ほっかいどう)

北海道(ほっかいどう)ってどんなところ?


日本は島国(しまぐに)です。4つの大きな島とたくさんの小さな島があります。日本の土地(とち)はせまですが、やく120,000,000人が住んでいます。本州(ほんしゅう)が一番大きな島で、北海道(ほっかいどう)は2番目に大きな島です。北海道の広さは本州の3分の1くらい、人口は5,200,000人です。東京に住んでいる人が北海道に行くと、「人が少ない!」と言います。北海道は土地が広くて、「北海道はでっかいどー。」ということばもあります。しかし、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ロシアのような大きい国の人にとって、あまり広くないかもしれませんね。


北海道は中国人にとても人気があります。また、北海道では冬にスキーやスノーボードができます。そのころ、南半球(みなみはんきゅう)のオーストラリアは夏です。暑い(あつい)オーストラリアから、たくさんの人がスキーやスノーボードをしに来るそうです。北海道はさらさらの粉雪(こなゆき)が降り、いいスキー場がたくさんあります。1972年には、札幌市(さっぽろし)で冬季(とうき)オリンピックが開かれました。

日本の夏はとても暑いですが、北海道の夏はすずしいです。夏に北海道に旅行に行く人が多いです。しかし、さいきん、海道の夏もだんだん暑くなっているそうです。地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の影響(えいきょう)かもしれませんね。

それで、北海道の農業(のうぎょう)も少し変わりました。昔は、寒すぎてお米をそだてることができませんでしたが、今、北海道ではお米をそだてることができます。おいしいお米がたくさんとれます。とくに、「ゆめぴりか」というお米は人気があります。

 Q:みなさんの国にも地球温暖化の影響がありますか。みんなで話し合いましょう。

2.北海道の歴史(れきし) 

北海道には、「アイヌ」という先住民が住んでいました。アイヌの言語は「アイヌ語」で、独自(どくじ)の文化を持っていました。アイヌは北海道だけではなく、サハリンや千島列島(ちしまれっとう)にも住んでいました。アイヌ語には文字がないため、くわしい歴史はよくわからないそうです。 500年くらい前から、アイヌ以外の人が北海道に住むようになりました。明治時代以降には、アイヌの人たちも日本語で教育をうけるようになりました。そのため、アイヌ語を話す人がへって、文化もうしなわれてしまいました。世界で、先住民(せんじゅうみん)の権利(けんり)を尊重(そんちょう)するべきだと言われるようになってから、日本で法律(ほうりつ)ができました。アイヌの人々が誇り(ほこり)を持って生きられる社会にしようとしています。

 Q:みなさんの国に先住民がいますか。その人たちの権利はどのように守っていますか。

昔、北海道は蝦夷(えぞ)と呼ばれていました。そして、明治時代に北海道という名前になりました。そのころ、屯田兵(とんでんへい)という人たちが北海道に行きました。森林や原野(げんや)を農地にすることを「開拓(かいたく)」と言います。屯田兵は北海道で開拓を行いながら、兵隊(へいたい)の訓練(くんれん)もします。しかし、北海道の冬はとても寒いですから、大変きびしい仕事でした。刑務所の囚人も開拓の仕事をしていたそうです。このように、北海道の自然は開拓によって農地に変わっていきました。

そして、北海道はアイヌの人にとって住みにくい場所になりました。動物をとったり、魚をとったりしにくくなったからです。日本語を話す人が増えて、アイヌ語をあまり話さなくなりました。また、日本人と結婚した人もいます。そうして、アイヌの独自の文化が失われました。アイヌへの差別(さべつ)もありましたから、アイヌであることを秘密(ひみつ)にする人もいました。現在、自分がアイヌであることを知らない人も多いです。
 開拓によって、だんだんアイヌの言語や文化が失われました。日本の他にも、先住民の権利が問題になっている国があります。しかし、現代(げんだい)では、さまざまな文化や言語があることはすばらしいと考えられるようになりました。アイヌの文化をどのように守っていくか、日本は考えなければなりません。
 
3.北海道の自然・動物  

日本には火山が多く、温泉もたくさんあります。また、北海道には大きな湖もたくさんあります。火山や温泉、大きな湖はどのようにできたのでしょうか。
地球の表面には、プレートがあります。日本にはいくつかのプレートが集まっています。プレートは動いていて、プレートとプレートがぶつかるところを境界(きょうかい)といいます。そこで地震が起きます。2011年の東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)もプレートの境界で起きました。また、プレートの境界にはマグマだまりができます。それが地表から吹き出すと、火山の噴火(ふんか)になります。日本は火山が多い国です。火山の噴火によって、地面に大きな穴があくことがあります。そこに水がたまってできた湖をカルデラ湖と言います。北海道には支笏湖(しこつこ)、洞爺湖(とうやこ)などのカルデラ湖があります。

地震(じしん)も火山もとてもこわいです。しかし、日本には温泉や風光明媚(ふうこうめいび)な自然もあります。北海道にも温泉がたくさんあります。登別(のぼりべつ)温泉などが有名です。

その他に北海道には釧路湿原(くしろしつげん)があります。日本で一番大きい湿原です。湿原は水気の多い原っぱです。釧路湿原では、エゾシカやキタキツネ、特別天然記念物(とくべつてんねんきねんぶつ)のタンチョウという大きなツルに会えます。釧路湿原はラムサール条約(じょうやく)に登録(とうろく)されていて、今貴重な自然が残っています。タンチョウは絶滅(ぜつめつ)したと考えられていましたが、釧路湿原で生きのこっていることが確認(かくにん)されました。その後、ほごされています。

また、北海道の東にある知床半島(しれとこはんとう)はユネスコの世界自然遺産(いさん)に登録(とうろく)されています。日本で一番大きい陸上(りくじょう)動物である、ヒグマがいます。オオワシやシャチ、クジラなどもいます。冬には、オホーツク海に流氷(りゅうひょう)が流れてきます。そこにアザラシなどもやってきます。

他にも、大雪山(たいせつざん)という山があります。日本で一番早く雪が降る山の一つです。このように、北海道には自然の見どころがたくさんあります。とても魅力的(みりょくてき)な場所です。

文・写真:岡野秀夫

リライト:新谷知佳
(2021.2.24)