N4富士山(ふじさん)

日本でいちばん高い山は富士山(ふじさん)です。高さは3,776mです。富士山はきれいなかたちの山です。どこから見ても、同(おな)じかたちに見えます。

北から見た富士山

南から見た富士山

富士山のまわりには高い山があまりありません。だから、遠くからも見ることができます。むかしから日本人は富士山が大好きです。たくさんの絵ものこっています。富士見(ふじみ)という名前の町は、富士山がきれいに見えるところです。ふじみ野(の)や富士見台(ふじみだい)などです。むかしは高い建物(たてもの)も少なかったので、富士山がきれいに見えたのでしょうね。今も冬のはれた日には、高いビルの上や空港(くうこう)から富士山を見ることができます。東京からも見ることができます。東京の冬ははれの日が多いです。東京から富士山を見たいなら、冬がおすすめです。 

富士山は火山です。これまで何かいも噴火(ふんか)しました。さいごの大きな噴火は今から300年以上前にありました。その時には、東京まで火山灰(かざんばい=噴火の時に火山からでる灰(はい))が飛んできたそうです。下の写真は飛行機(ひこうき)からとりました。大きくへこんでいる場所がありますね。そのときは、ここから噴火しました。上から富士山を見るのもおもしろいです。むかしの噴火のことがよくわかります。

 

火山が噴火するとき、溶岩(ようがん)が流(なが)れます。そして、かたくなります。富士山にふる雨は、かたくなった溶岩をとおって、地下水(ちかすい)になります。だから、富士山のまわりにはきれいな水が出るところがたくさんあります。たとえば、忍野八海(おしのはっかい)や白糸(しらいと)の滝(たき)、柿田川湧水(かきたがわゆうすい)などです。富士山の近くの水は、スーパーにも売っています。おいしいですよ。

富士山のまわりには富士五湖(ふじごこ)という湖(みずうみ)があり、海も近くにあります。水のあるところと富士山はよくあいます。それで、むかしからそのような景色(けしき)の絵がかかれています。今から200年くらい前に葛飾北斎(かつしかほくさい)という有名な画家(がか)がいました。 かれの富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)という浮世絵(うきよえ)の画集(がしゅう)があります。その中の神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)という絵はとても有名です。この作品は横浜の海でかかれました。大きな波(なみ)に向かう3そうの小さいふねと、富士山がかかれている絵です。ふねより大きい波がきて、ふねの人たちは小さくなっています。波の強(つよ)さと人間の弱(よわ)さがかかれています。とてもこわい場面です。波のあいだに、白い雪をかぶった富士山が見えますね。この富士山があると、少しだけこわくなくなります。ほんとうにすばらしい絵だと思います。ゴッホ(Vincent van Gogh)は葛飾北斎を知っていました。ゴッホは北斎の絵が大好きでした。

今でも海から見た富士山はとてもきれいです。ぜひ、見に行ってください。空気がきれいで、雪がたくさんつもる冬に行くのがおすすめです。

文・写真:岡野秀夫

リライト:新谷知佳
(2021.2.24)