N4日本のきせつと新潟(にいがた)

 

日本は島国(しまぐに)で、ユーラシア大陸(たいりく)(Eurasian Continent)の東にあります。春(はる)、夏(なつ)、秋(あき)、冬(ふゆ)の4つのきせつがあります。この4つのきせつには、モンスーン(monsoon)という風が関係(かんけい)しています。 

 

冬はシベリア(Siberia)から冷たい風がふきます。そのため、冬はさむくなります。夏は南からのモンスーンがふきます。モンスーンが南のあたたかい空気を運んできます。そのため、湿度(しつど)が上がり、あつくなります。春と秋は、晴れの日と雨の日をくりかえす、天気が変わりやすいきせつです。また、6月には梅雨(「つゆ」または「ばいう」)というきせつがあります。梅雨は、毎日のように雨がふります。そして、夏や秋には台風(たいふう)が来ます。たくさん雨がふったり、強い風がふいたりします。そのせいで、川の水がふえて、家の中に水が入ってきたりして、大変なことになることもあります。 

 

では、日本のきせつはどこでも同じかというと、そうではありません。太平洋(たいへいよう)側と日本海(にほんかい)側で、冬の天気は全然(ぜんぜん)ちがいます。太平洋側は、冬は寒いですが、晴れの日が多いです。下の写真(左)は東京の冬の写真です。東京から富士山(ふじさん)まで100km以上ありますが、東京の冬は天気のいい日が多いので、富士山がくっきりと見えます。写真(右)は、新潟の南魚沼市(みなみうおぬまし)の写真です。南魚沼市は東京から200kmほど北にあって、冬は雪がたくさんふります。スキーを楽しむことができるところです。東京から新潟まで新幹線で1時間くらいです。1時間で、一面の銀世界(ぎんせかい=雪がふって真っ白なところ)に行くことができます。 

 

川端康成(かわばたやすなり)という作家(さっか)は、日本ではじめてノーベル文学賞(ぶんがくしょう , Nobel Prize in Literature)をとりました。川端康成の『雪国』という小説(しょうせつ)があります。「国境(こっきょう)の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という、有名な1文ではじまります。トンネルに入る前は雪がありませんが、トンネルを通って、新潟県の越後湯沢(えちごゆざわ)という町に出ると、そこにはふかく雪が積(つ)もっています。では、なぜそのようなことが起きるのでしょうか。 

 

トンネルの上には約2000mの高い山があります。この山があるので、日本海側の新潟にだけ雪がふります。日本海には、対馬海流(つしまかいりゅう)という、あたたかい海水が流れています。冬のつめたい風が日本海を通ると、あたたかい海水にあたります。そこでたくさんの水蒸気(すいじょうき)が作られて、雲(くも)ができます。その雲が高い山にぶつかって、新潟に雪がふります。このようにして、新潟では雪がふり、東京では冷たい風だけがふきます。雪がたくさんあって、スキーができる山がある新潟は、スキーやスノーボードを楽しむことができるすてきなところです。 

新潟は冬以外のきせつもいいところです。春には、東京より1ヶ月くらいおそく桜(さくら)の花がさきます。このころには、雪がとけて、川の水がふえます。つくしなどのかわいい野の草も出てきます。春のおわりには田んぼに稲(いね)をうえます。

 

日本人にとって米はとても大切なものです。そのため、日本ではいろいろなところで米が作られています。「コシヒカリ」というブランドの米はとても有名ですが、新潟の魚沼(うおぬま)のコシヒカリが特においしいと言われています。米は夏にそだちます。夏の魚沼は、夜はさむく、昼はあつくなります。この気温(きおん)の変化(へんか)が大きいことが、おいしい米がとれる秘密(ひみつ)だそうです。そして、朝には霧(きり)が出ます。そんな霧の景色(けしき)もきれいですよ。 

さて、新潟のきせつの中で、特におすすめのきせつは秋です。すばらしい紅葉(こうよう)を見ることができるからです。冬の山はスキー場(じょう)ですが、秋は紅葉がきれいです。スキーのための、ロープウェイ(ropeway)やゴンドラリフト(gondola lift)があって、それに乗って山をのぼることができます。自分で山をのぼらなくてもいいので、こどもやお年寄りも山のきれいな紅葉を楽しむことができます。