東京の桜

チューリップ、水仙(すいせん)、ひまわり、ブーゲンビリア、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、みなさん、どんな花が好きですか。好きな花が咲くころ、家族や友だちとそんな花を見に出かけることはありますか。 

 

日本には、「お花見」ということばがあります。チューリップが大好きな人が、春にチューリップを見に出かけたとします。しかし、そんなとき、「お花見」という言葉を使って、「チューリップがきれいだからお花見に行きました。」とは言いません。 

 

お花見ということばは桜(さくら)を見るときにだけ使います。チューリップもひまわりもハイビスカスもきれいです。人それぞれ好きな花は違うので、桜よりもハイビスカスが好きな人もいるでしょう。それなのに、「お花見」という言葉を桜だけに使うのはおかしいじゃないか、と思っている人はいませんか? でも、これには理由があります。桜はそれだけ日本の人たちに親しまれている花で、他の花とは比べられないほど特別なものなのです。 

 

お花見という言葉は、ただ単に桜を見に行くというだけでなく、桜の下で、お弁当(べんとう)を食べたり、飲み物を飲んだりすることを含む場合があります。というよりも、むしろ、だれかが「お花見に行きました。」と言ったら、桜の下で飲食をしたんだと考えるのが普通です。2020年、2021年の桜のシーズンは、残念ながら新型コロナウィルス(COVID-19)のために、桜の木の下での食事ができませんでした。またお弁当を食べながら、お花見ができる日が早く来てほしいです。 

東京の桜の名所は、千鳥ヶ淵(ちどりがふち)や目黒川などが有名です。そのような名所ではたくさんの桜の木が植えられていて、桜が咲いている時には、毎年、たくさんの人が集まります。それ以外にもかくれた名所がたくさんあります。

また、東京には、数本とか少ない数であっても、いたるところに桜の木が植えられています。学校の校庭であったり、小さな公園であったり、渋谷(しぶや)の駅前にも桜があります。桜の木だらけと言っても良いほどです。近所で自分だけのお気に入りの桜を見たい、と思っている人がどれだけ多いかがわかります。

 

もう一つ桜について面白いことがあります。毎年、桜が開花したかどうかを気象庁(きしょうちょう)が宣言(せんげん)するのです。日本各地で開花を判断する標本木(ひょうほんぼく)と呼ばれる木があります。東京では、靖国神社(やすくにじんじゃ)という神社にある標本木に花が5輪(りん)以上咲いたときに、気象庁は桜の開花を発表します。「何でわざわざ宣言までするの。そんなの桜の勝手でしょ。」と思いませんか。でも、桜の開花宣言は、毎年ニュースで大きく取り上げられるくらい日本の人たちにとって関心が高いのです。 

桜は春の象徴(しょうちょう)です。これから夏が始まるという季節(きせつ)を感じさせてくれる花でもあります。桜が咲くころ、桜の花のみつを求めて、メジロというかわいい鳥も東京の街(まち)にやってきます。鳥たちも元気に活動する季節になります。

桜の花が散ると、枝からは葉が出ます。花が散るのは悲しいですが、散ったあとも、新しい葉っぱが出始めた桜を楽しみます。これを葉桜(はざくら)と言います。「どこまで桜を楽しみつくすのだ。」と思いませんか。ある意味すごいですよね。 

 

葉桜を含め、新しい色の薄い木の葉がしげっている様子を表す「新緑(しんりょく)」と言う言葉があります。夏になると木々の色は濃い緑色になりますが、新緑はその前の状態(じょうたい)です。その新緑の葉のことを青葉(あおば)とか若葉(わかば)とも言います。桜が散った後から5月ころまでが新緑の時期です。暑くもなく、寒くもなく、また、6月ころから始まる梅雨とよばれる雨の季節の前でもあります。初夏(しょか)ともよばれるこの季節は、とても過ごしやすく、気持ちが良いですよ。桜の花は終わっていますが、観光に来るにはおすすめの時期です。 

 

さて、桜で一つだけ困ったことがあります。桜の花はたくさん咲くのがきれいなのですが、その分、散った時の花びらも多いのです。散るとき、淡いピンクの花びらを雪に見立てて、花吹雪(はなふぶき)などと言います。なかなか風流(ふうりゅう)な表現でしょ。それはそれできれいなのですが、地面に落ちた花びらはただのゴミになります。それを片づけるのが一苦労(ひとくろう)。でも、これだけ桜を楽しみつくすのですから、そのくらいは仕方ないかな、と私は思っています。 

  文 ・ 写真:岡野秀夫 (2021.3.30)