おきなわの魚

旅の楽しみは、人それぞれです。観光地に行くのが楽しみだという人もいます。どこにも行かず、プールにいて、昼寝をするのが一番だという人もいるでしょう。私の場合は、旅をした土地でしか味わうことのできない料理に出合うことが一番の楽しみになっています。特に、市場に出かけて、肉屋やさかな屋、八百屋を見物していると、飽(あ)きることがありません。

 

けれども、残念なことに、旅の間はホテルに泊まっていますから、台所がないのです。

「このお魚を煮(に)たら、おいしいだろうな」

「この肉を焼いたら、どんな味?」

と、考えてみても、料理することはできません。

 

ところが、時々、市場には、市場で選んだ魚を料理してくれるレストランがあります。先日、でかけた沖縄(おきなわ)の那覇(なは)にも、大きな市場があり、一階で買った魚を二階にあるレストランで料理してくれます。お刺身はもちろんのこと、焼いたり、煮たり、揚(あ)げたり・・・。料理法に迷ったときも、心配しないでください。さかな屋のご主人が、「半分は刺身で、半分は揚げるといいよ」とか「今日はこの魚が安くて、新しいよ」と、教えてくれます。

 

沖縄(おきなわ)の魚には色がきれいなものがたくさんあります。見るための魚のようですが、食べてみると、「お~、おいしい」と、なります。参考までに、私が先日、食べた料理を紹介しましょう。まず、沖縄(おきなわ)にしかない魚を食べたかったので、青い色の魚を選びました。

さかな屋の主人がすすめた魚は、マグロでした。私は知らなかったのですが、沖縄(おきなわ)でもっとも多くとれるのが、マグロなのだそうです。沖縄県(おきなわけん)の生産量のおよそ半分を占めているというではありませんか。店に並んでいるマグロのほとんどが冷凍ではなく、生のマグロです。マグロは暖かい海を好むため、沖縄周辺には、様々な種類のマグロが集まっています。

私も食べてみましたが、とてもおいしいです。そのうえ、脂が少ないのです。健康(けんこう)的な食べ物と言っていいでしょう。他にもいろいろな貝やイカも、あります。お刺身もおいしいですが、バター焼きもおいしいです。どうぞ試してみてください。

 

Q:沖縄の魚についてどう感じましたか?また、皆さんが皆さんの住んでいるところでも市場で食事することがありますか? 

文・写真:三浦暁子(2021.3.9)