座間味島(ざまみじま)

今回、皆さんに紹介(しょうかい)するのはある離島(りとう)です。那覇(なは)から船で西に約40キロに座間味島(ざまみじま)という島があります。座間味島は、慶良間諸島(けらましょとう)という、たくさんの島々の中にある一つの島です。2014年3月5日、慶良間諸島国立公園(こくりつこうえん=国が指定する特別に大切にする場所)に指定されました。指定された理由は、

1.島や海の中が美しいこと。

2.たくさんのサンゴがあり、多くの生物がすんでいること。

3.海の水がすんでいて、とてもきれいな青色をしていること。

4.ウミガメがタマゴをうむ砂浜(すなはま)があり、クジラが子どもを育てる大切な海であること

などです。

そのため、国立公園には陸(りく)だけではなくサンゴが広がる広い海も含まれます。サンゴは酸素(さんそ)を作ります。そのため地球の環境に大きな役割をはたしています。ですから、サンゴを守ることは地球を守ることにつながります。

 


座間味島はダイビング(道具を使って海にもぐるスポーツ ,diving)が有名で、世界中のダイバーがあこがれる島です。しかし、大きなホテルなどはありません。島の人がやっている民宿(みんしゅく)とよばれる小さな宿(やど)などが30軒(けん)ほどあるだけです。座間味島には、那覇にある泊港(とまりこう)という港から、フェリー(=人以外に車や荷物をつめる船 ,ferry )か高速船(こうそくせん)で行きます。高速船ですと1時間くらいで行くことができます。

 

座間味島は座間味村という村にあります。この村には座間味島の他に、阿嘉(あか)島・慶留間(げるま)島という人の住んでいる島があります。その他、たくさんの無人島(むじんとう=人の住んでいない島)があります。慶良間諸島には、その他に渡嘉敷島(とかしきじま)という島もあります。これらの島々は、どこまでもすんだケラマブルー(Kerama blue)とよばれる海の中にあり、この世のものとも思えないくらいにきれいです。

 

座間味港につき、集落(しゅうらく=家などが集まる所)の方に向かうと、駐車場(ちゅうしゃじょう)の前にバス乗り場があります。海水浴(かいすいよく)の季節(きせつ)には、ここから、二つのビーチに行くバスが出ています。古座間味(ふるざまみ)ビーチと阿真(あま)ビーチという、とても美しいビーチです。両方とも歩いて20分くらいで行くことができます。しかし、暑い(あつい)時期(じき)や荷物(にもつ)がたくさんあるときは、バスに乗る方が楽ですよ。

 

島の東にある古座間味ビーチは、急な坂をのぼっていき、そこからおりたところにあります。三日月のように曲がった形をしたビーチです。右はサンゴが岩のようになって、広がっています。そこではたくさんの熱帯魚(ねったいぎょ)がむれているのを見ることができます。ただし、最近、サンゴがある場所は立ち入りが禁止(きんし)になったようです。残念ですが、サンゴと自然を守るためにはしかたありません。サンゴがない場所で泳ぎましょう。ビーチの前には渡嘉敷島(とかしきじま)、右にはアムロ島という無人島(むじんとう)が見えます。

 

島にかこまれたビーチなので波はとてもおだやかです。しかし、近くに海の流れが早い場所があるので、監視員(かんしいん=泳いでいる人がおぼれないように注意する人)の指示(しじ)にしたがって海水浴(かいすいよく)を楽しんでください。世界でもこれだけ景色(けしき)が良く、海がきれいなビーチは少ないと思います。ただし、日ざしが強いのでビーチパラソルが必要です。持っていないときは、借りることもできます。水中マスクやゴーグルをつけるときれいな熱帯魚(ねったいぎょ)などをはっきり見ることができますよ。これも借りることができます。 

港からバスで古座間味(ふるざまみ)ビーチへ 

もう一つのビーチは島の西にある阿真(あま)ビーチです。古座間味(ふるざまみ)ビーチと違い、平らな海岸ぞいの道を行ったところにあります。この道はとても景色が良いので、行きか帰りのどちらか歩いてみましょう。途中にマリリンの像(ぞう)という犬の像があります。マリリンは、阿嘉島(あかじま)に住んでいる恋人のシロという犬を待っています。これは実際にあった話で、映画にもなりました。二つの島の間はかなりはなれていて、海の流れもあるので、泳いでわたるのはとても大変です。愛の力はすごいですね。マリリンもシロも死んでしまいましたが、マリリンの孫(まご)が座間味島にいるようです。また、この辺はきれいな夕陽(ゆうひ)を見られるので、夕方に行っても良いところです。




上はマリリンの像とそこから見た夕陽(ゆうひ)

阿真ビーチのそばにはキャンプ場があり、ビーチの目の前には二つの無人島があります。その奥にシロが住んでいた阿嘉島(あかじま)があります。阿真ビーチは急に深くなる古座間味ビーチとは違い、遠浅(とおあさ=遠くまで浅い)のビーチです。奥の方に行くとサンゴも楽しめます。また、ここはウミガメが多いところです。運が良ければウミガメに会えるかもしれません。もし、カメと会うことができても、追いかけたり、さわったりしないで、遠くからやさしくみまもりましょう。

ウミガメがいる阿真(あま)ビーチ

無人島(むじんとう)に行くのも楽しいです。港から渡し船(わたしぶね)が出ていて、アゲナシク、ガヒという島に行くことができます。無人島ですので、何もありません。飲み物や日をさけるためのものを持っていきましょう。無人島にシーカヤックで行ったり、つりをする人もいます。



無人島(むじんとう)のアゲナシク 高いところからビーチの方をみる

色々なマリンスポーツを楽しめますが、一番のおすすめはやはりダイビングです。たくさんの島にかこまれた波も少ない海は、ダイビングにはもってこいです。変化に富んだ(=さまざまな種類があり、それぞれが変わっていること)、多くのダイビングポイント(ダイビングをする場所)があります。たくさんのサンゴがあり、海はとてもすんでいます。ダイビング中、遠くにいるほかのダイバーも良く見えますし、海の下30mくらいから、ダイビングボートの底(そこ)が見えるほどです。ケラマの海はとても豊かな海です。

 

しかし、心配なこともあります。サンゴが年々少なくなってしまっているのです。サンゴが少なくなる原因は色々とあります。最近は海水があたたかくなりすぎて、サンゴが死んでしまうことが多いです。色とりどりのサンゴがたくさん見られる昔の座間味島にもどってほしいですね。

世界中のダイバーがあこがれる座間味の海

海もきれいですが、陸から見た海や島もまたすばらしいです。おすすめは高月山(たかつきやま)展望台(てんぼうだい=景色を楽しむために高台に作られた場所)です。座間味島に展望台はいくつかあります。その中で、港から一番近いのが標高137mの高月山です。山頂が公園になっていて、2つの展望台があります。ここからの景色は最高です。137mのぼるのは大変ですが、がんばって登りましょう。汗(あせ)をかいてのぼっても、きっと良かったと思いますよ。

 

高月山までの道にはハイビスカスの花がたくさん咲いて(さいていて)きれいです。また、ハイビスカスにたくさんのチョウが集まっています。オオゴマダラというとても大きなチョウも時々みかけます。白に黒い線が入ったチョウで、フワフワと飛んできます。のぼりたくなりましたか?

 

ハイビスカス、高月山展望台(てんぼうだい)、そこから見た古座間味ビーチ、オオゴマダラ

楽しい話の中で、少しだけ悲しい話をします。高月山に行く途中(とちゅう)に、平和の塔(とう)という場所があります。休みをとるために、立ちよってください。第2次世界大戦(だいにじせかいたいせん)の時、日本はアメリカと太平洋で戦争(せんそう)をしました。戦争の終わりころ、アメリカ軍(ぐん)が沖縄に上陸(じょうりく=海から陸にあがること)し、沖縄の人たちが戦争にまきこまれてしまいました。最初にアメリカ軍が上陸したのがこの島でした。この時、住民もふくめて1,200人の方がなくなりました。戦後(せんご)、平和の塔が立てられ、石碑(せきひ=子孫(しそん)が忘れないように大切なことを文字にした石)にはなくなった方々のお名前がきざまれています。ここに立ちよって、戦争のない平和な世界を願いましょう。美しく、今はとても平和なこの島で、そのような悲しいことが起こりました。

 

戦争のつめあと(=戦争の悲しみを思い出させるしるし)は海の中にもあり、海の中には戦争に使われた武器(ぶき)などがしずんでいます。高月山に向かう道の途中、右側に平和の塔の入口があります。人一人通れるだけの小さい道があり、そこをのぼっていったところが平和の塔です。お参り(おまいり)をすませたら、小道が上に続いているので、そのままのぼって行くと、もとの道にもどります。

平和の塔(とう)にある公園

平和の塔と石碑(せきひ)

海の中にのこされた武器(ぶき)

 

高月山以外にも展望台などがあります。時間があれば行ってみましょう。長い山道を歩くので飲み物や帽子(ぼうし)など、日ざしをさけるものを忘れないようにしましょう。また、座間味島から阿嘉島(あかじま)や渡嘉敷島(とかしきじま)には船が出ています。時間がある人は、行ってみてください。この二つの島もとても美しい島です。 

 

座間味島も昔とはずいぶん変わりました。昔は高速船(こうそくせん)もなく、座間味丸(ざまみまる)というスピードが出ない古い船しかありませんでした。また、レストランなどもなく、もちろん、コンビニもありませんでした。今はコンビニのようなお店もあるし、レストランや居酒屋(いざかや)などもできました。  

昔は、民宿(みんしゅく)は2食付き(にしょくつき=朝食と夕食がついていること)で、昼のお弁当(べんとう)も用意してくれました。お店も何もなかったからです。しかし、夕方になると、島の人たちが飲み物をもって、港に集まってきます。港の前のコンクリートの階段に座り、知り合いとお酒をくみかわします。三線(さんしん)という沖縄の弦楽器(げんがっき=ギターのような楽器)をひいている人もいました。不便(ふべん)でしたが、なつかしい風景でした。今はだいぶ風景(ふうけい)が変わり、生活も便利になりました。ただ、この島のすばらしさは今も昔も変わりません。 

島で一番大きいお店

港の前の階段

レストランや居酒屋(いざかや)

座間味村の役場(やくば)

<座間味島への行き方と注意点(ちゅういてん)>

 

まず、那覇空港(なはくうこう)から泊港(とまりこう)に行くには3つの方法があります。

 

那覇空港から泊港へ

1.タクシーで約15分です。フェリー乗り場は切符(きっぷ)売り場のすぐ近くですが、高速船(こうそくせん)の乗場は少し離れています。

2.モノレールで、那覇空港駅から7駅目の美栄橋駅(みえばしえき)に行きます(約14分)、そこから歩いて10分で泊港へ行きます。

3.バスは、那覇空港の国内線旅客(りょかく)バスターミナルからバス番号26又は99で、泊高橋(とまりたかはし)というところでおります。約30分で泊港の前に着きます。

 

泊港からは、高速船で50-70分、フェリーの場合、90分-120分で座間味島に到着します。

 

注意点

・泊港からは色々な離島に行く船が出ています。それぞれ切符(きっぷ)売り場が違うのでまちがえないようにしましょう。

・フェリーも高速船も座間味島と阿嘉(あか)島にとまります。泊港から直接(ちょくせつ)座間味島に行く場合と、阿嘉島を経由(けいゆ)していく場合があります。おりる島をまちがえないようにしましょう。

・夏には沖縄にはよく台風(たいふう)がきます。台風がきている時はもちろん、まだ、台風が遠くにあっても船が欠航(けっこう=船が出ないこと)になる場合があります。また、行きは大丈夫(だいじょうぶ)でも、帰りの船が欠航する場合もあるので、行く前に天気予報(てんきよほう)を必ずチェックしましょう。

・夏の時期や土日などは早めに予約(よやく)をしないと、定員がすぐに一杯になってしまいます。インターネットで予約ができるので早めに予約をした方が良いです。泊まる(とまる)場合は、民宿(みんしゅく)も予約がとりにくいことがあります。

文・写真:岡野秀夫 (2021.2.24)