神戸とはどんな町か?

神戸市(こうべし)は兵庫県(ひょうごけん)の南に位置しています。県庁所在地(けんちょうしょざいち)であり、人口は150万人をこえる大きな町です。かつては多くの人が、神戸を「ハイカラ」な町と考えていました。「ハイカラ」という言葉を辞書でひくと、「西洋風を気取ること」「流行を追って新しがること」と説明されています。神戸の町は西洋風の文化が早くから入ったところです。外国人が暮らしていた西洋風の館(やかた)が立ち並ぶ地域もあります。西洋の習慣を他よりも早く取り入れたところでもあります。ジャズやゴルフは、神戸の人たちが、日本で一番早く取り入れたと考えられています。

ではなぜ、神戸は西洋の影響(えいきょう)を強く受けたのでしょう。それは、神戸が港町(みなとまち)であったことと深い関係があります。地形(ちけい)を見ると、そのなぞがとけます。十分な深さがある扇型(おうぎがた)の入り江(いりえ)は、港をつくるのに理想的な形です。経済の中心である大阪から30kmくらいの場所にあることも、貿易港(ぼうえきこう)として有利な条件(じょうけん)となりました。港町として知られる神戸は、外国との交流が豊かな場所です。現在も、豪華客船(ごうかきゃくせん)がとまるところでもあります。さらには、多くのコンテナ船も行き来しています。神戸は現在も港町として活動しています。同時に、長い歴史のある古い町でもあります。8世紀(せいき)には、すでに海外にむけて開かれていました。神戸について考えるとき、港町であることを考えることが大切だと思います。 

 

そして、神戸の住宅や商店のあるエリアは限られたものであることも忘れてはならないでしょう。北に六甲(ろっこう)と呼ばれる山とそれに連(つら)なる山々があり、南には海があります。そのため、山と海に挟まれた幅3km程度の細く長い地域に、神戸の人は住んできました。最近では、海岸部を埋め立てて、新しく土地を作っていますが、それでも限界はあります。山と海にはさまれて横たわる土地、それが神戸のすがたと言えるのではないでしょうか。けれども、その特徴(とくちょう)を生かして暮らすこともできます。町全体が小さくまとまっているので、住むところと働くところ、そして、休養(きゅうよう)したり遊んだりする場所が集中してあるのです。これはとても便利なことです。 

神戸の町を知るために、いくつかの観光スポットをめぐりながら、一緒に神戸散歩をしていきたいと思います。実際に足を運んで、なるべく具体的に、神戸の魅力(みりょく)を探りたいと思います。私は神戸に40年近く住んでいますが、案外(あんがい)、行っていないところが多いことにおどろきます。住んでいるところは知らない、そんなものかもしれません。

 

Q:神戸について、あなたはどんな印象を持ちましたか?あなたの暮らす町と比べて、どこが同じで、どこが違うと感じましたか?

文:三浦暁子(2021.3.28)

 写真: 岡野秀夫(2021.3.28)