神戸市立博物館

神戸は古く、歴史のある町です。旧石器時代(きゅうせっきじだい)にはすでに人が暮らしていた跡(あと)があります。それを目で見て確かめるために、まずは神戸市立博物館(こうべしりつはくぶつかん)に向かうことにしましょう。

神戸では、多くの旧石器時代の石器(せっき)(石で作られた道具)がみつかっています。ただ、いつごろから人が住み始めたのかについては、よくわかっていません。当時の生活の様子を具体的に知りたいのですが、残念ながら、それもよくわかりません。けれども、神戸市立博物館には、原始・古代の遺産(いさん)として代表的なものが展示(てんじ)してあります。特に、銅鐸・銅戈(どうたく・どうか)と呼ばれる品は、貴重(きちょう)なものです。国宝(こくほう)にも指定されています。銅鐸とは「弥生時代(やよいじだい)の青銅器(せいどうき)のひとつ」とあります。形は釣鐘(つりがね)のような形です。何のために使われていたのか、はっきりしたことはわかっていませんが、祭器(さいき)(祭事に使う道具)として使われていたと考えられています。ながめていると、遠い過去の歴史が何かをうったえているような気持ちになります。どこのだれが作ったのかもわかりません。けれども、歴史の向こうから、だれかの声が聞こえてくるようです。

神戸市立博物館は、京町筋(きょうまちすじ)と呼ばれる道路に面しています。市立南蛮美術館(しりつなんばんびじゅつかん)と考古館(こうこかん)が統合(とうごう)し、昭和57年(1982年)の秋に開館しました。建物は昭和10年(1935年)に建設された旧横浜正金銀行(きゅうよこはましょうきんぎんこう)の神戸支店ビルをそのまま用いたもので、昭和初期の名建築(めいけんちく)と言われています。正面には古代ギリシャのドリス様式の円柱(えんちゅう)が並ぶりっぱな建物です。建物を外から見ているだけでも満足できるほどです。この博物館は、神戸が古くからの国際港であることを意識して作られたそうです。東西文化が接するとき、そこにはぶつかり合いや歩みよりが生まれます。博物館はそのことを意識して運営されているようです。

神戸市立博物館の常設展示(じょうせつてんじ)は、2つにわかれています。ひとつは、古代から現代にいたる、地域の歴史がわかる「神戸の歴史展示室」。もうひとつが所蔵品(しょぞうひん)をテーマにそって紹介する「コレクション展示室」です。1階にある「神戸の歴史展示室」は無料でみることができます。何度も行くうちに、神戸の歴史について自然とくわしくなることでしょう。さらに、有料ですが、「コレクション展示室」もぜひ見てみましょう。国宝となっている桜ヶ丘銅鐸(さくらがおかどうたく)・銅戈(どうか)も、ここにあります。観光客はもちろん、神戸の歴史に興味(きょうみ)を持つ方にとって、神戸市立博物館は目で見る教科書になるでしょう。学びながら楽しむことのできる場所だと思います。

文・写真:三浦暁子(2021.4.30)